CATEGORY

映画

映画「のぼうの城」感想(今年の邦画最優秀賞)

観てきた。原作読んでるとわくわく感は少なくなるけど、それでも楽しめた。今年の邦画最優秀作品じゃないだろうか。原作を読んでなくても楽しめるし、本の映画化としてはそこそこ忠実に作ってある方だと思う。原作だと細かいサブエピソードが結構書かれてるけど、映画だとストーリーの展開がテンポ良く進んで楽しい。以下、自分が感じた良かったところ残念なところを書いてみる。 良かった点 ①良い感じに原作をはしょる ②忍城 […]

映画「アルゴ」感想(ARGO fuck yourself)

観てきた、緊張感があって楽しめる映画だった。ただ内容のほとんどは予告編で出てたのと結果もほぼ予想できたので驚くような部分はない。例えば予告編で「映画制作を装って脱出」と出てるので、「どうやって脱出する?自転車に乗ってはどうだ?」などというセリフがあっても興ざめ。結末だって99%の人が予想した通りの結末。まぁこの映画を観に行く人は当然ここらへんは納得済みだろうからいいけど。 で、この作品で「Go f […]

映画「エクスペンダブル2」の感想(痛快炸裂同窓会)

これぞアメリカ映画!細かい事は気にしない、正義と悪はハッキリしてる、撃ちまくり、殴り合い、爆発しまくり・・・そんな映画。 評判は1作目より良いみたいだけど、自分からみれば1作目とほぼ同じ。まぁそれにしてもこれだけスターがよく集まった。みんな老けたけど頑張るなぁ、と関心の一作。

映画「推理作家ポー最後の5日間」の感想(ポーの名を借りた駄作)

この映画、エドガー・アラン・ポーの名前とその作品を借りて作った新作フィクション。つまりポーの作品でもなければ史実でもない。もちろんポーは実在した小説家だけど、1849年に病死している。そんな彼の最後がこうだったら・・・と作られた映画。この映画の中で彼の作品のような殺人事件などが起きる。ポーの作品でもないのに、そんなにポーの名前と作品を使っていいものなのか?そんなことを思った今日この頃。

映画「アウトレイジ ビヨンド」の感想(罵る殴る撃つ)

「罵る殴る撃つ」がこの映画の8割、そんな印象。全体的には面白かったけど妙に消化不良。どんなとこが消化不良だったのかと言うと1つ目は高橋克典。せっかく出てきたのにセリフなし。この映画では往年の名優がいっぱい出てきてそれを大切にしたいのもわかるけど、これからの俳優をぞんざいに扱いすぎなのでは?なんて思った。 もう1つはスケールというか迫力不足感。せっかくの映画なんだし、どうせこんな大きな抗争(殺し合い […]

映画「ハンガー・ゲーム」感想(すでに続編の製作が決定)

さっそく観てきた。すでにアメリカだと大ヒットしているそうだけど、自分にはまぁまぁ。短絡的なストーリーがちょっと残念。ただ、難しい事は考えずに楽しみたい人には薦められる。この映画の面白いところ、つまらないところを上げてみた。 面白いところ ①24人の殺し合いという単純明快な残忍さ ②サバイバル要素もある ③近未来のSFっぽさ つまらないところ(つっこみどころ) ①あと数日で殺し合いだというのに参加者 […]

映画「ボーンレガシー」感想(マッドデイモン出ない寂しさ)

さっそく観たけど、評判通り残念な結果。「続編はつまらない」という定石に反して3作目まで面白かったこのシリーズも4作目ではすっかり定石通り。何でつまらないのか考えてみた。 ①マッドデイモンが出ない ②テンポが悪い ③今までの作品と大きな繋がりは無い ④やたら作戦名などは前の作品のものを使うからややこしい ⑤アクションは他の映画に負けてる ⑥観てて「薬が無いと生きられないのかどうか」が分からない ⑦そ […]

映画「ロック・オブ・エイジズ」感想(鳥肌の立つ楽しさ)

さっそく観てきた。初日なのに空いてるこの映画、コーヒーを持って座り、期待もせずに観始めた。映画が始まると意外にも面白くて、コーヒーを手にすることなく映画を観終えてしまった。思うのは、この映画を薦められるのは40歳台以上の人。80年代にベストヒットUSAとか観てた人には特にお薦め。特に大きなストーリーも無い映画だけど、全体に一つのミュージックビデオのように良く出来ている。フォリナー、スターシップ、R […]

映画「バイオハザードV」感想(シリーズ最悪の出来)

さっそく観てきたけど、感想はガッカリ。途中で帰る人も居た。自分の中ではこのシリーズの中で一番出来が悪いと思う。どう悪いかと言うと、全体としてストーリーがひどいのとアクションシーンを撮りたかっただけ?と思えるような内容。今回のゾンビは走ったり機関銃やロケットランチャー使ったりバイク乗ったり・・・設定がブレブレだから観ていて不快。次回作を作るそうだけど、もうお腹いっぱい。なんて思った今日この頃。

映画「17歳のカルテ」感想(引き込まれる名作)

よく行くイオンシネマで「なつかシネマ」というイベント上映で観た。感想は意外と良かった。観る前は「精神病院の話し」ということで暗いイメージがあったけど、観てみると物語に引き込まれる楽しさがある。特に派手なアクションも無いこの映画がなんで面白いのか考えてみた。 ①実話が元になってる(ノンフィクション)から真実味がある ②アンジェリーナジョリーの魅力爆発 ③1960年代のアメリカや精神病棟の雰囲気を感じ […]